ウィッグ画像

基本から学ぶ!ヘアカラーの知識

Vol.3 アルカリカラー剤には何が入っているんだろう?

基本から学ぶ!ヘアカラーの知識はどんなシリーズ?

ヘアカラーは技術力だけではなく、色の知識・髪質の見極め・使用する薬剤の理解など、様々な知識が必要です。

このシリーズでは、ヘアカラーに関わる基礎知識とレシピの考え方が学べるシリーズです。

ヘアカラーのしくみを学ぼう!

Vol.1 地毛の色は何がもとになっている? 

Vol.2 ヘアカラー剤にはどんなタイプがある? 

Vol.3 アルカリカラー剤には何が入っているんだろう? ★今回はコチラ

Vol.4 どうしてアルカリカラー剤で髪が染まるんだろう?

Vol.5 アルカリカラー剤が明度の違いを表現できる理由とは?

Vol.6 ブリーチ剤には何が入っているんだろう?

Vol.7 どうしてブリーチ剤で髪が明るくなるんだろう?

Vol.8 どうしてヘアマニキュアは傷みにくいの?

Vol.3 アルカリカラー剤には何が入っているんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘアカラーには、ヘアマニキュアと呼ばれる「酸性カラー」やビビッドな色表現が得意な「塩基性カラー」などがありますが、

中でも髪色を明るくすることができる「アルカリカラー」は最も一般的なヘアカラーです。

アルカリカラー剤について、より深い知識を得るために、ここでは内容成分とその役割について掘り下げます。

こんなことが学べます

・1剤の染料とアルカリの細かな役割

・染料とアルカリ以外のもの

・2剤の中身と役割

・エドルを活用したレシピと考え方


今回のレシピはオレンジ系とマット系の2種類です!

1

アルカリカラー1剤の主な成分と役割


1剤の主成分は「酸化染料」「アルカリ剤」で、その他クリーム状の剤型にする「基剤」や「毛髪保護成分」「安定剤」が配合されます。染料やアルカリ剤の配合量や組み合わせにより、毛髪を脱色する度合いや色合いの特徴を生み出しています。

1剤の成分

2

アルカリカラー2剤の主な成分と役割


2剤の主成分は「酸化剤」で、その他「基材」や「酸」「安定剤」からなります。2剤に含まれる酸化剤と1剤のアルカリ剤が混ざることで、染料を発色させたり、メラニン色素を分解して毛髪を明るくします。

2剤の成分

Check!覚えておこう

ウィッグ画像

続きを読むには、
My:TB-PLUSにログインしてください。

My:TB-PLUSにログインしていただくには、TAKARA BELMONT 共通IDの登録(無料)が必要です。

My:TB-PLUS にログインすると

  • My:TB-PLUS限定コンテンツの閲覧
  • 気になる!コンテンツを自動で表示
  • あとで読みたいコンテンツの保存

ができるようになります🤍

ひとことポスト
サンキュー!
ひとことポスト

日常で感じている、あれこれや、TB-PLUSへの要望、励まし、不満・・・などなど、どんなことでもお気軽に「ひとことポスト」におよせください!

  • ※匿名での投函です。(個別の回答はできません。)
  • ※集まった「ひとこと」は、TB-PLUSで公開、コンテンツ制作の参考にさせていただくことがあります。
週間景気予報

今週の来店客数をチェック!

My:TB-PLUSにログインをすると
参考になる!登録した記事が
My:TB-PLUSに保存されて
また読みたい!と思った時などに便利です♪
ログインをしないまま「参考になる!」をする方は
以下のボタンをクリック
※ログインをしないまま「参考になる!」をクリックした場合、 ブラウザのcookie情報がクリアされるまでは内容は保存されます。
My:TB-PLUSにログインしていただくには、
TAKARA BELMONT 共通IDへの新規登録(無料)が必要です。
My:TB-PLUSにログインをして
参考になる! あとで読む 気になる!

を活用しよう!

My:TB-PLUSにログインしていただくには、
TAKARA BELMONT 共通IDへの新規登録(無料)が必要です。